学校法人 聖ステパノ学園

トップへ お問い合わせ アクセス

卒業礼拝式

聖ステパノ学園の卒業礼拝式は、毎年3月21日の春分の日に行われます。今年もたくさんの方々に支えられながら、小学6年生と中学3年生が無事全員そろって卒業することができました。
一人ひとり、卒業証書を手渡された後に学園長と交わした握手は力強く、これからの彼らの活躍を期待させてくれるものでした。式辞では、学園長より「卒業は終わりではない。これからの日々の始まりである」という言葉がありました。この春から始まる新しい環境の中、彼らが精一杯自分らしさを発揮していくこと、そしてその報告を聴けることを、心より楽しみにしています。

中学3年生は、卒業礼拝式のあとに、「卒業を祝う会」を行いました。
昨年の9月から進めてきた新体育館建設工事が先日無事に終わり、卒業を祝う会は幸いこの完成したばかりの新体育館で行うことができました。またヒノキの香りが漂う爽やかな新体育館で、みんなで3年間の思い出をスライドショーでふりかえったり、担任の先生や保護者の方々にお礼を伝えたりして、最後の時間を慈しみました。